オホーツク・アングラー釣行記

2018年10月 道北・オホーツク 鮭釣り釣行 Part3

釣行から月日が経ってしまったけど、

思い出せることを少しでも記録として残しておこうという忘備録的シリーズです(^^;

なので内容はちょっと薄いかも。

まぁ、いつも薄いですが(^^;

 

今日も地元漁港へ。

前日釣れていた辺りに入釣することに。

まずは浮きフカセでスタート。

薄暗いうちにシャローのほうで結構な数が上がった様子。

そのうち左隣の人がウキルアーで掛けるも残念ながらバラす。

これで活性が高いと判断してウキルアーにチェンジ。

その後、もっと沖側に入った人が1本釣り上げた様子。

反対側の岸壁でも3本くらい上がったみたい…

残り時間も少なくなってきたところで右側の人が浮きフカセで釣った。

そこで再び浮きフカセにチェンジ。

もう時間が無いので最後の1投。

浮きがいい感じで馴染んだと思った瞬間、小さなアタリが!

すかさず合わせを入れるとズシリとした手応え!

タモ入れに手こずりながらも何とかランディング。

撤収予定時刻を過ぎていたので急いで〆て撤収。

なので現地で写真を撮れませんでした(^^;

約1カ月ぶりに釣った鮭は雌でした(^^♪

 

かなり状況が良くなってきたので夕方も行ってみることに。

今度は久々に妻も参戦。

朝とは反対側のポイントに入釣。

先端部が空いていたのでそこでやることに。

今度はウキルアーでスタート。

すると角でやっていた妻にヒット!

妻にとって今シーズン初のサケは雌でした。

その後、交代で入った私にもヒット!

こちらは雄でした。

夕まずめで薄暗かったのでこちらも現地での写真は無し。

やっと本格シーズン突入といった感じになりました。

ここまでかなり苦戦したので本番はこれからです。