オホーツク・アングラー釣行記

2020年1月 道北・氷上ワカサギ釣り釣行 Part7

アイキャッチ画像

ふたたびワカサギの南蛮漬けが底をついてしまったのでワカサギ釣りへ。

今回は妻も同行。

早く起きたのでいつもよりも早めに出発。

現地に到着してみると…雪は少なめ。

アプローチは楽そう(^^)

さっそく準備をしてポイントへ。

途中、オジロワシ(もしくはオオワシ)が羽を休めてました。

この時期はよく見かけます。

少し距離はあるけど、その大きさは伝わってきます。

やはり猛禽類はカッコいい♪

こういう希少動物が身近で見られるのも、ここの魅力のひとつです(^^)

ほどなくポイントに到着。

やはり雪は少なめ。

雪かきは楽そうだけど、それでも数センチは積もっているので

軽く雪かきをする必要はありそう。

さっそく試し釣りのために軽く雪かき。

3ヶ所穴を開けて試し釣り開始。

公魚の試し釣り開始。

風が少しあるので結構寒い(^^;

早く場所を決めてテントを張りたいところだけど…

アタリが無い(´;ω;`)

3ヶ所ともいつも釣れる表層付近では反応無し。

そこで以前良かった中層まで棚を下げると…やっと反応が♪

やっとこの日最初のワカサギが釣れました。

その後も数匹釣れたので棚は中層で良さそう。

試しに他の穴でも中層でやってみると反応がありました。

やはり今日の棚は中層で正解のようです。

一番最初に開けた穴が良さそうだったのでそこにテントを張ることに。

まずはテントを張るスペース分の雪かき。

これが地味に一番大変な作業(^^;

雪が少ないとはいえ結構疲れます。

必要な分の穴を追加で開け、さっそくテントの設営。

やはり二人でやると作業は早いです(^^)

テント内に荷物を運び込み、セッティング完了。

テントの設営完了。

ようやくワカサギ釣り開始です。

風が遮られるテント内は快適そのもの。

暖かく感じます♪

魚の反応は良好という程ではありませんが、ぽつぽつとは釣れます。

そして、この日釣れるワカサギはいつもに比べてサイズが良いものが多いです。

この良型のワカサギがダブルで掛かると、なかなかの手応え♪

食べる分には小さいほうが美味しいんですが、

やはり手応えがある方が釣ってて楽しいですよね。

ある程度釣ったところでランチタイム。

ランチタイムはインスタントラーメン

妻が恒例のインスタントラーメンを作ってくれました(^^)

持参したおにぎりと一緒にいただきます。

身体が温まって最高♪

これまた持参したお茶をすすりながら釣り再開です。

相変わらず釣果はパッとしませんが、それでも飽きない程度には釣れます。

しかし、妻の集中が切れてきたので早めに納竿とすることに。

帰宅後、途中で買ってきたアイスを食べ、ビールを呑みながら予約録画した釣り番組を観るという至福の時間(^^)

テレビを観ながらウトウトしてしまいました。

こういう休日、最高ですね(^^)