オホーツク・アングラー釣行記

2018年5月 道北・投げ釣り

今日は夕方から妻とのんびり釣行

ここ最近は早朝からのイトウ釣りばかり。

楽しいけど肉体的には少々(かなり?)きつい。

朝早くから気合を入れて釣りをするのもいいですが、たまにはゆるーい感じの釣りもいいものです。

今回は稚内の漁港で軽く投げ釣りでもやってみることに。

今シーズン初の投げ釣り。

風もなく穏やかで正に釣り日和。

さっそくお互い1本ずつ投げ竿を準備して投入。

餌は青イソメ

仕掛けは普通の胴付き仕掛け

待っている間にデイロックでもやろうとタックルをセットしているとさっそく投げ竿にアタリが!

合わせを入れて巻いてくると小さいながらも小気味いい引きが伝わってきます。

上げてみると小さめのカレイでした。

食べ応えが無いサイズなのでリリース(から揚げにすると美味しいのですが)。

「次こそは良型を!」と念じながら餌を付け直して再び投入。

今度は並行してロックも開始です。

しばらく突堤周辺を探っているとココンっと小さなアタリが…

 

釣れてきたのは小さなカジカでした。

ジグヘッドの大きさに対してこのサイズ…

カジカって本当に貪欲ですねぇ。

このサイズは即リリース。

ここの漁港はカジカ釣りでも有名な場所なので

秋-冬シーズンに大きくなったやつを釣ってカジカ鍋に♪

 

しばらくすると投げ竿に再びアタリが!

しかし今回も手応え的に小さそう(^^;

上がって来たのは小さめのガヤ(エゾメバル)でした。

こちらも小さいのでリリース。

良いサイズなら煮付けにすると美味しいのですが(^^;

小物が色々と釣れて楽しいのですが

良いサイズの魚がなかなか釣れません。

そうこうしているうちにすっかり日も暮れてきたので本日の釣行はここまで。

結局、最後までキープサイズは釣れませんでしたが楽しかったので良しとします。

でもやっぱり夕食のおかず分だけでも釣りたかったなぁ(^^;