オホーツク・アングラー釣行記

2018年7月 ナイトロック釣行 Part3

釣行から月日が経ってしまったけど、

思い出せることを少しでも記録として残しておこうという忘備録的シリーズです(^^;

なので内容はちょっと薄いかも。

まぁ、いつも薄いですが(^^;

 

今夜も最も近い漁港へ。

現地でタックルをセットしてポイントへ。

※ライフジャケットは忘れずに(^^)

いつも通りのジグヘッド+グラブのスイミング。

まずは基部からスタート。

必殺タダ巻き釣法で様子を探っていると…さっそくアタリが。

少し送り込んでからのフッキング。

いつものパターンで20~30センチのレギュラーサイズがコンスタントに釣れます。

今夜もいい感じです(^^)

時間が短いので早めに先端部へと移動。

ある程度釣ったところでタイムアップ、納竿となりました。

先端部に移動してからもある程度は釣れましたが、

今回も基部の方がやや良かった気がします。

前回は時合いの問題かと思ったのですが、何かポイントの状況が変わったのか…

もう少し通いこんでみないと何とも言えませんが。

それにしても車で数分の場所にこんな釣り場があるというのは何ともありがたい。

良いサイズは滅多に出ないけど他の釣り人と滅多に会わない(過去10年で2~3人)。

あまりにも人の気配が無さ過ぎて逆に不気味ですが(^^;

車で30分位の範囲に複数の漁港があるのでこれからは新規開拓もしてみたいです。