オホーツク・アングラー釣行記

2020年 道北 春イトウ釣り PART12

アイキャッチ画像

今日もサーフでやりたいところだけど、

風向きからするとちょっと厳しいかも…。

現地に到着。

サーフへ行ってみたら…

案の定、荒れ気味(^^;

全く出来ない程荒れているわけでは無いのでちょっと試してみると…。

向かい風でルアーは飛ばないし、

波打ち際がザッパンザッパンと荒れまくってて非常にやりずらい。

残念ながらサーフは諦めることに。

実はサーフをやる前に川の方を少しチェックしたんだけど、

その時に小さなアタリがあった場所があり、そこでやってみることに。

別の場所から攻めた方がやりやすいので小移動。

さっそくキャスト開始。

周辺の様子を見ていると、

すぐ手前のシャローに小魚というか何かの稚魚らしき魚の群れが。

ルアーのピックアップ寸前にピッピッと跳ねる。

これはイトウも居そう。

何投目かでアタリらしきものが。

これは居るな。

引き続きキャストしていると…ついにヒット!

サイズは小さそう。

すんなりランディング。

50センチ弱のイトウ

サイズは…50センチ弱の小イトウでした。

数枚撮影して即リリース。

元気に帰って行きました。

その後、反応が無くなったので少し移動しながら探ってみることに。

結構広範囲に稚魚らしき魚がいる。

これならいつイトウが釣れてもおかしくない。

実際1度だけボイルがあり、すかさずキャストしたけど反応無し。

あのイトウはスレているのかな。

その後全く反応が無いのでさっき釣れた場所に戻ることに。

同じ辺りを探っていると…ヒット!

これも小さそう(^^;

あっさりランディング。

57センチのイトウ

サイズは…57センチの小さなイトウでした。

ちょっと血が出てしまいました(^^;

写真を1・2枚撮って即リリース。

他に魚っ気のある場所が無いので同じ場所で続けることに。

その後しばらくしてまたもやヒット!

これまた小さそう…。

ほどなくランディング。

サイズは…45センチ、本日最小のイトウでした(^^;

画像は無しです。

どうやら小イトウの群れが溜まっていたようです。

時間も無くなって来たのでそろそろ上がることを考えていたら…

ふと下流の方を見ると、朝とは状況が変わっていて何とも釣れそうな雰囲気。

最後にそこをやってみることに。

良さげな場所まで移動し、キャスト開始。

すると数投目でヒット!

今までのイトウよりはサイズが良さそうです。

ランディングしやすい場所まで誘導していると、全身が飛び出す大ジャンプ。

とても元気なイトウです。

無事ランディングして測ってみると…63センチでした。

63センチのイトウ

思ったほど大きくなかったけど、太いのでサイズの割には引きが強かったです。

まだ釣れそうな感じだったので、

蘇生&リリースを無事済ませると、さっそくキャスト再開。

しばらく粘っていると…ヒット!

思った通りです(^^)

サイズはさっきのイトウと同じ位かな。

近くまで寄せて来ると…フックが1本しかかかってない(^^;

冷や冷やしながらも何とか無事ランディング。

測ってみると…66センチでした(画像無しです)。

その後アタリが遠のいたのでこれで納竿としました。

サイズこそ出ませんでしたが、5本も釣れたので大満足です。