オホーツク・アングラー釣行記

2020年 道北・オホーツク 春イトウ釣り PART18

アイキャッチ画像

前夜から荒天のため、釣りになるか微妙。

目覚ましを掛けずに寝たので遅めの起床。

外を見てみると…釣りは出来そうな雰囲気。

あとはうねりと濁り具合か…。

とりあえず行ってみることに。

現地に着いてみると…いつもどおり釣り人がいっぱい…普通に釣りが出来る状況だったんだ(^^;

急いでタックルの準備をしてポイントへ。

出遅れたので目ぼしいポイントは既に釣り人がいっぱい(´;ω;`)

とりあえず人が少ない場所でやってみることに。

今回はジグミノーをメインにやることを決意。

普段はミノーをメインに使っているけど、最近の釣果は下降気味。

それでも周りやSNS等を見ていると、釣っている人は釣っている(^^;

そこで使っているルアーを見てみると…ジグやジグミノーを使用している人が多い。

ソルトウォーターがメインの人にとっては当たり前のルアーなんだろうけど、

フレッシュウォーターがメインだった自分にとってはあまりなじみのないルアー。

一応何個か持ってるし、実際に釣ったこともあるんだけど、

どうも苦手意識があるのか使用頻度は低め。

でもこれで釣果を出している人が多いとなると、苦手とかそんなことは言ってられない(^^;

そこで今回はジグ&ジグミノー縛り、とまではいかなくてもメインでやってみようかと。

さっそくキャスト開始。

まずは着水と同時にタダ巻き。

しばらくやってみたものの…反応無し。

次は着底してからのリフト&フォール。

これもしばらくやってみたけど…反応無し。

今度は着底してからのタダ巻き。

これをしばらくやっていると…波打ち際で小さなアタリがあり、ヒット!

ようやく来ました(^^)

でもかなり小さそう(^^;

なのであっさりランディング。

これは…チビアメか…?。

小振りな海イトウ

と思ったら…よく見ると…小イトウでした。

サイズは小さいけど、自信の無かったルアーで釣れると嬉しいです(^^)

写真を数枚撮って即リリース。

そしてキャスト再開。

釣れたパターンを続行です。

しばらくしてまたアタリがあり、合わせを入れると…ヒット!

今度は少しサイズが良さそうです。

しかし、なかなか寄ってきません。

しまいにはドラグが鳴る事態に(少しだけですが)。

意外と大きい?

ちょっと期待してしまいましたが、寄ってきた魚をみると…そうでもなさそうです(^^;

波が弱くてかえってランディングしずらかったのですが、何とか無事にランディング。

70センチ台の海イトウ

70センチ台のイトウでした。

針掛かりが浅く、撮影の途中で外れてしまいました。

危なかった(^^;

その後、無事リリース。

結局この後はアタリもなく、2本で終了となりました。

良いサイズは出ませんでしたが、苦手だったルアーでの釣果なのでじゅうぶん満足です(^^)