オホーツク・アングラー釣行記

2018年6月 道北・イトウ釣り PART15 & ナイトロック PART2

釣行から月日が経ってしまった忘備録シリーズです(^^;

いつものポイントへ向かうとかなり濁りが入っている…

予想通り全く反応なし。

それでもせっかく来たのだから諦めずにキャストを繰り返してみたものの…やはりダメ。

さすがに今日は無理かなと諦めて車へと向かう途中、試しに別のポイントでキャストしてみたところ何とヒット!

70センチ台のレギュラーサイズでした。

こうした厳しい中で釣った1本はサイズに関係なく価値がありますね。

その後もしばらく粘っていると再びアタリが!

しかし小さそう…

上がって来たのは

40センチ位のアメマスでした。

朝の部はここで終了。

夜は妻とナイトロックへ行く事に。

 

夕食は地元のお祭りでもらった焼きそばで済まし、さっそくロックポイントへ。

しかし、こちらも濁りのせいで活性がかなり低い。

いつものジグヘッドでの表層タダ巻きでは全く反応なし。

そこでジグヘッドを底まで沈めてズルズルとゆっくり誘って来るとやっとアタリが!

結局、粘って粘って3匹というナイトロックにしてはかなりの貧果。

濁りで視界が悪い分、普段使わない臭いのきついガルプ系のワームが有効なのか…

一通り揃えて試してみる必要がありますね。

まぁ、MAX36センチが出たので良しとしますか。