オホーツク・アングラー釣行記

2018年5月 道北・イトウ釣り PART8

今回も忘備録的な内容です(^^;

早朝からの釣行が続くとさすがにブログまで手が回りません(^^;

とは言え出来れば記憶が薄れないうちに詳細な情報を残しておきたいのですが…

 

この日の釣果は1本

サイズは70センチ台(メジャーを当てた画像はありませんがメモが残ってました)

時間帯は3時台

光量不足のためか画像は粗いです。

うっすらと婚姻色が残っているみたいなのでオスでしょうか。

 

この時期にイトウが捕食しているイトヨ(通称トンギョ)

その年によって多少の違いはあるにせよイトウの釣果自体は毎年さほど変わらない気がするのですが、

ここ数年、ボイルの回数が激減している気がします。

他のアングラーも同じようなことを言ってました。

数年前まではベストシーズンに入るとあちらこちらでボイルが見られたのですが…

年々増える釣り人のプレッシャーなんでしょうか。

ボイルがあるとすごくテンションが上がるのですが。

そんなワクワク感が味わえなくなったのが残念です。

また増えてくれるといいのですが…