オホーツク・アングラー釣行記

2018年5月 道北・イトウ釣り PART5

昨日に引き続きいつものポイントへイトウ釣りに出掛けることに。

これで連続5日目…我ながらよく行くなぁと思う。

でも釣れ続けているとどうしても行きたくなります、どんなに疲れていても。

連日の釣果に刺激されたのか、今日は珍しく妻も同行。

しかし今日はこの場所にしては珍しく風がほとんど無い状態。

こうなると水面が静かすぎて、あまり釣れる気がしない。

風が強すぎても困るんだけど、ここまで弱いのも困る…

自然が相手なので良い状況で釣りをするのはなかなか難しいですね。

まぁこればかりは運次第ですが…

それでもせっかく来たからには何とか1本釣りたい。

ボイルもアタリも無い厳しい状況が続く…ここは我慢の釣り。

幸い貸し切り状態だったので広範囲に探っていると待望のヒット!

すんなりと寄ってくるのでサイズは小さそう。

50センチ位の小振りのイトウでした。

やっと釣れたイトウ、サイズに関係なく嬉しいです。

急いで写真を撮り、素早くリリース。

元気に帰って行きました。

その後もしばらくやってみましたが、状況が好転しないので別のポイントへ移動。

しかし移動先でも状況に変化はなく、結局アタリもありませんでした。

妻は残念ながらノーフィッシュ…まぁ、まだシーズンが始まったばかりですから。

まだこれからでしょう…きっと。