オホーツク・アングラー釣行記

2018年11月 道北・秋イトウ釣り PART1

釣行から月日が経ってしまったけど、

思い出せることを少しでも記録として残しておこうという忘備録的シリーズです(^^;

なので内容はちょっと薄いかも。

まぁ、いつも薄いですが(^^;

 

サケ釣りシーズンも後半に入ってくるとぼちぼちと秋イトウ狙いの釣り人が増えてきます。

釣れているうちは鮭釣りを続けたいけど秋イトウも気になる(^^;

なのでこの日はまず秋イトウの様子を見に。

イトウ釣りに完全シフトする前なのでウェーダー無しで入れるポイントへ。

いつものルアーでめぼしいポイントに一通りルアーを通して行く。

最後の方のポイントでルアーがブレイクに差し掛かった瞬間、ググンっとアタリが!

手応えからするとそれほど大きくは無さそう。

それでも久しぶりの秋イトウなので慎重にランディング。

まともな写真がこれしか無かった(^^;

メジャーを当てて撮った写真が無いので正確なサイズは分からないのですが、

おそらく50センチ前後だったと思います。

サイズは小さいけど嬉しい(^^)

秋は春みたいには釣れないですからねぇ。

貴重な1本です。

それほど期待しないでやってみたのですが嬉しい誤算。

思いがけず秋イトウ開幕です(^^♪

その後、いつもの漁港にも行ってみましたが鮭釣りはほぼ終わった感じでした。

今後はイトウ釣りに専念出来そうです。