オホーツク・アングラー釣行記

2020年3月 道北・アメマス釣り釣行 PART2

雨鱒のUP画像

今シーズン初のアメマス釣り釣行で幸先よく56センチのアメマスを釣ることが出来て喜んでいたんだけど…

同じエリアで釣ったと思われる60UPのアメマスの画像がTwitterやインスタグラムに次々と投稿されてる。

そうなるとどうしても自分も60UPを釣りたい!という欲が…。

そういう訳で開幕戦から2日目に今シーズン2回目の釣行へ。

今回は仕事の都合で午後からの釣行。

昼食後、少し休憩してから釣りの準備をして出発。

現地に到着。

川の画像

この日も天気が良く、絶好の釣り日和。

さっそく準備をしてポイントへ。

前回の釣行ではシーズン初ということもあり、釣りがかなり雑だった気が…。

今回はその反省も踏まえ、丁寧に攻めることを心掛けることに。

まずは前回よりもひと回り小さいチャート系のスプーンを選択。

対岸の際、流芯、足元と一通りルアーを通しては少しずつ上流側へと移動。

しかしなかなか反応が無い。

午後からの釣行なので先行者が叩いた後でスレているのか…。

今度は同サイズのアバロン系のスプーンに変更。

対岸の際にキャスト。

底と取ってからリフト&フォールをしていると…

ロッドをあおってリフトした瞬間に竿先が抑え込まれる。

反射的に合わせるとズシリと重い。

けど動かない…根掛かり?

2・3度ポンピングしてみると、寄ってくるけど動かない…ゴミ?

すると突然、グワングワンと魚が暴れだす。

水中で白い魚体がウネウネしているのが見える。

でかい!前回の雨鱒よりもひと回り以上も大きい。

これは確実に60UPはありそう。

前回の56センチのアメマスはすんなりと寄ってきたけど、

このアメマスはなかなか寄ってこない。

これは絶対にばらしたくない。無理はせず、慎重に寄せて来る。

しかし、足元まで寄せてからも左右に走り回る(^^;

ひやひやしながらも何とかランディング成功。

これは大きい!自己記録更新は間違いない。

さっそくスケールを当ててみると…70近くある!

これはひょっとして…正確にスケールを当てて測ってみると…。

68センチのアメマスの画像

68センチ。

70センチに2センチ足りませんでした(^^;

でも自分にとっては十分なサイズです。

めでたく自己記録更新(^^)

雨鱒もこのサイズになるとなかなかいい引きしますねぇ。

これはハマります(^^)

時間も残り少ないので先を急ぎます。

要所要所にルアーを通しながら折り返し地点に到着。

ここは昨年バラしたポイント。

対岸に静かにルアーを着水させてから底を取り、リフト&フォール。

すると、コンっとアタリが。

すかさず合わせを入れると手応えあり!

サイズはそれほどでもなく、すんなりランディング。

46センチの雨鱒の画像

何枚か写真を撮った後、スケールを当ててみると46センチでした。

最後にスケールを当てた状態で写真を撮ろうと思ったら…、撮影に使っていたスマホがバッテリー切れ(^^;

仕方ないのでバッグに入れてあったデジカメで撮影しようとしたら…、こちらもまさかのバッテリー切れ…ダメじゃん(´;ω;`)

まぁ、サイズがそれほどでもないからいいけど。

さっきの68センチの時だったら泣くに泣けない…。

危ない危ない(^^;

すっかり陽が傾いてしまったのでここで納竿とすることに。

今シーズン2回目にして自己記録更新。

上出来過ぎる釣行となりました。