オホーツク・アングラー釣行記

2019年3月 道北・アメマス釣り釣行

先日地元の釣友に案内してもらった早場のポイントがまさかの河川工事で壊滅状態。

その時にはまだ氷に閉ざされていたポイントがもう開幕していると教えてもらったので

午後からの短時間釣行で行ってみることに。

現地に到着してさっそく準備。

水面から高さがあるのでタモ網必携と聞いていたのでタモ網も用意。

根掛かりが激しいらしいのでロスとしても惜しくないドサンコルアーでスタート。

底をとらないと釣れないとの事だったので底をトレースしていると竿先が押さえ込まれ、

アタリか?と思ったら…根掛かりでした(^^;

いつも持ち歩いているルアー回収器「ルーバ」で無事回収成功(^^)

安いルアーとはいえロストはしたくないですからね(^^;

気を取り直して再スタート。

しばらくするとククンっとアタリが!

難なく寄せてくると…30センチ位のチビアメでした(^^;

それでも初めての河川での最初の1匹は嬉しいものです(^^)

その後もポツポツと30~40センチ位のアメマスは釣れるのですが、

良型のアメマスはなかなか出てくれません。

聞いた話では60~70センチクラスが結構釣れるとの事だったのですが…

既に先行者がいたので厳しいのかな、と思いながらも徐々に上流へと移動。

するといかにも大物がいそうな雰囲気のポイントに到着。

対岸にキャストして底を取り、小刻みにアクションを入れながら巻いていると

ググンっと強いアタリが!

すかさず合わせを入れるとズシリと重い!

これは今までのチビアメとは明らかに違うアタリ。

水中でギラッと光った魚体はなかなかのサイズ。

今まではチビアメばかりだったので全てごぼう抜きにしていたので

用意していたタモ網を足元に置いてませんでした(^^;

慌てて足元まで手繰り寄せました。

手前にある立ち木に絡まれそうになるのをかわしながら

何とかネットイン。

今までのチビアメにはない迫力。

メジャーを当ててみると52センチでした。

久々に良いサイズのアメマスが釣れました(^^♪

 

残り時間も少なくなったので上がるタイミングとしては丁度良かったんだろうけど

そこは釣り人の性、ぎりぎりまで釣りがしたい(^^;

夕まずめも近かったし活性が上がってきている可能性も(^^)

そう思い時間いっぱいやる事に(いつものことですが)。

2本目の良型を狙って先ほど釣れたポイント周辺を再度狙ってみる。

しかし痛恨の根掛かり…

さっき木が沈んでいることを確認していたのに…

良型アメマスを釣ったことで舞い上がり、すっかり忘れてました(^^;

ここで本日のヒットルアーをロスト(´;ω;`)

これで納竿か、とも思いましたがルアーをロストしての納竿というのも何だか後味が悪い。

残り時間もあとわずかだったけど急いでルアーを付けて再開(^^;

今度は狙う場所を変えて数投したところでヒット!

今度もタモ網が必要なサイズ。

沈んだ木に気を付けながら無事ランディング。

47センチでした。

これだけ釣れればじゅうぶんに満足。

納得の納竿となりました(^^♪

初めての川でこれだけ釣れれば上出来です。

久しぶりに良い釣りが出来ました。