オホーツク・アングラー釣行記

2017年9月 道北・宗谷 鮭釣り釣行 Part2

前日、近くの漁港など数ヶ所偵察してきましたが一向に鮭が釣れてる様子が無く、

今回も唯一釣れている情報のある稚内方面まで出掛けることに。

まだ暗いうちに現地に到着。

さっそく様子を見に行くとハネが全然ない…

昨年同漁港で鮭が釣れた時は暗いうちからかなりハネがあったので、これはかなり厳しそうな感じがしてきました。

前回と同様に妻がフカセ釣り、自分はウキルアーでスタート。

すばらくすると周りでぽつぽつと釣れ始め、期待感が少しUP。

全体で5本くらい上がってからしばらく中だるみがありましたがハネが若干見え始めてから

フカセ釣りの人たちがぽつぽつと釣れ始めました。

しかしウキルアーでやってる人には釣れている様子がありません。

7時過ぎまで粘りましたが残念ながらノーフィッシュに終わりました。

ハネが少ないうちはやはりフカセ釣りの方が有利なんですかね。

 

帰り際に何ヶ所か見て回りましたが釣れてる感じはありませんでした。

声問漁港

釣り人は結構いましたがハネは殆ど無し。

 

東浦漁港

釣り人もハネも無し。

 

浜猿払漁港

釣り人もハネも無し。

 

台風一過、一気に鮭の岸寄りが進むかと期待したのですがその期待は見事に裏切られました。

まだ海水温が高そうなのでもう一段冷え込まないとダメなのかもしれませんね。

地元の幕開けは10月に入ってからかなぁ…