オホーツク・アングラー釣行記

2017年10月 道北・オホーツク 鮭釣り釣行 Part5

今回もまずは河口域へ別の対象魚を求めて行ってみることに。

現地についてみると先行者無し。

これはラッキーと思い、急いで準備をしていつものポイントへ。

しかしまだ川が落ち着いてなかったようで、思っていた以上にひどい濁り…

とても釣れる気がしませんでしたが、せっかくなので数投してみたものの全く生命感が無く…

早々と見切りをつけていつもの鮭釣りポイントへ移動することに。

もう最盛期を過ぎたせいか釣り人もだいぶ減りましたが、

割とまだ鮭が跳ねているポイントで数名の釣り人がやっていたのでその周辺でやってみることに。

他の釣り人は停泊している船の周辺でフカセ釣りで狙ってましたが、

鮭が広範囲で跳ねていたし、周りは人が少なくガラガラだったのでウキルアーで広範囲に探ってみることにしました。

早速タックルを準備して鮭が跳ねているところを狙ってキャストを繰り返しました。

しかし跳ねはそれなりにあるものの魚影が薄いせいか、なかなか反応がありません。

半ば諦めながらもキャストを繰り返していると…アタリが!

最初、すぐ目の前で跳ねた鮭がラインに触れたのかと思いましたが

その直後にもアタリがあったので聞き合わせしてみると重さを感じたので思いっきりフッキング、乗りました!

すると少し離れたところでやっていた地元の方がわざわざ駆けつけてくれてタモ入れして下さいました。

この時期にしてはあまりブナってない綺麗な雄鮭でした(現地で写真を撮るのを忘れたので画像は台所で撮影したものです)。

その直後、ちょうど時合いだったのか周辺でも2~3本の鮭が上がりました。

しかし長くは続かず、あっという間に終了…

他の方も時合い終了と感じたのか、次々と撤収していきました。

もうしばらくは釣れそうだけど、シーズン終盤を思わせる雰囲気でした。

あと何本釣れるかな…

昨日の夕食は鮭バーグ♪

これ、本当に美味しいんですよ!

ぜひお試しください。