オホーツク・アングラー釣行記

2017年10月 道北・オホーツク 鮭釣り釣行 Part4

そろそろ河口域での釣りが気になるのでまずは河口へと向かうことに。

秋シーズン初釣行、久しぶりに来るポイントは幾度かの荒天で海岸線がだいぶ変わっていたのでとても新鮮に感じました。

早速いつものポイントに立ってみましたが濁りのせいかあまり魚っ気が感じられない…

数投してみたがやはり手応え無し…

どうしたものかと悩んでいると、風上の方向に何やら怪しげな雲が…

すると案の定、ポツリポツリと雨が降り出しました。

一応レインウェアは用意してあるものの、この雰囲気ではとても雨の中を続ける気にはなれず撤収することに。

急いで車へと駆け戻り、いつもの漁港へと移動。

終盤戦とはいえ鮭釣りハイシーズンのため平日にもかかわらず結構な人数の釣り人が来てました。

それでも時合い終了&降雨のため徐々に帰る人が増えてきたので空いた場所に車を停めてしばらく様子を見ることに。

車の中から窓越しに見ていると、少ないものの少しはハネがあるので雨が上がったタイミングで実釣開始。

向かい風で投げにくい状況だったのでウキルアーでやることに。

キャストを繰り返すものの、時合いが過ぎてしまったせいか鮭の反応は全く無し。

それでも周りの様子を見ていると1~2本は上がっている…

まだ可能性はあると信じて少しでも魚の気配のあるところに投げ続けていると…ついに来ました!

手前まで寄せてから何度も左右に走られましたが何とか無事にランディング。

少しブナってましたが立派な雄鮭でした。

その後しばらく続けましたが、あまり魚の気配が無いので早めに切り上げることに。

活性が高くない中、何とか1本釣れて良かったです。

この鮭は妻の実家へと送られて行きました。

もうしばらく鮭釣りを楽しめそうです。