オホーツク・アングラー釣行記

2017年10月 道北・オホーツク 鮭釣り釣行 Part2

前日2本の鮭を釣って手応えを感じたので翌日も地元の漁港へ行くことに。

夕方、漁港に様子を見に行くと何本か上がっているポイントがあり、明日はその辺に入ろうと決めて帰宅。

翌朝、その釣れていたポイントが運よく空いていたのでそこに釣り座を構えることに。

前日の夕方の様子だとフカセ釣りの方が有利なようだったのでフカセ釣りからスタート。

明るくなり始めるとあちらこちらで鮭がヒットし始める。

次第に複数釣る人もちらほら出始めるものの我々夫婦には音沙汰無し…

せっかく早起きして来たのにこのままボウズではあまりにも切ないので少々焦りだす。

待ちの釣りであるフカセ釣りには少々苦手意識があるのでウキルアーにチェンジしたかったけど

周りで釣れているのはフカセ釣りの人ばかりだったので躊躇していたのですが

少し離れたところでやっていた人がウキルアーでヒットした様だったのですかさずウキルアーにチェンジ。

しばらくすると待望のアタリがっ!

しかしうまく乗せられず、すぐにフックアウト…

手応えを感じたのでそのままウキルアーを投げ続けているとついに鮭がヒット!

近くに寄せてから走る走る!

走り回る鮭に少々てこずりながらも妻にタモ入れしてもらい、ようやく上がってきた鮭は体高のある立派なオスでした。

その後もしばらく粘りましたが周りでもアタリが止まった様だったし雨も降って来たので上がることに。

結局夫婦二人でこの1本だけでした。

周りでは結構釣れていたのでちょっと物足りない感じもしましたが、引きが強烈で楽しめたので満足のいく1本でした。

地元の釣り場もようやく上向いてきた感じがします。

今後に期待が持てそうです。