オホーツク・アングラー釣行記

2018年1月 道北・稚内方面 氷上ワカサギ釣り釣行 PART3

数釣りが当たり前のワカサギ釣りでまさかの苦戦続き…

今回は稚内方面の釣り場へ。

ここは割と安定した釣果が得られるので期待大。

まずは下流側のポイントの様子を確認。

すでに釣りをしている人がいたので氷は問題なさそう。

次は上流側の様子を確認。

こちらは先行者なし…

ポイントの状況がわからないし、アプローチの雪も深そうなので断念。

下流側のポイントでやることに。

早速準備をしてポイントへと向かう。

いつもどおりテントを張る前に場所決めの為の試し釣り。

しかしアタリがない…

何ヶ所も穴をあけて試してみたけど一向にアタリが無い…

浅いところもダメ、深いところもダメ…

もうお手上げ状態。

妻がやっと1匹釣ったものの後が続かない…

近くの釣り人が様子を見に来たので話を聞くとやはり釣れてないとのこと。

そこで妻が少し上流側のポイントの偵察に。

たまたま知り合いがいたので話を聞いたところ、こちらも釣れてないとのこと。

しばらくするとまわりの釣り人が続々と撤収していくという異常な光景が…

どこのポイントも釣れてなかったみたい…

幸いまだテントを張ってなかったので我が家も撤収することに。

用事を済ませて時間が余ったら地元で少しやってみようという話になり、

急いで用事を済ませて帰路へ。

途中、前から気になっていたポイントの様子を見に行ったけど先行者がなく様子はわかりませんでした。

結局、風も強くなってきたので地元での釣りを断念。

夫婦二人でのワカサギ釣りの釣果が1匹って…

人生で初めて、ワカサギ釣りでボウズを食らってしまいました。

アリエナイ…

天ぷらも南蛮漬けも作れないなんて!

最近、海岸に大量のイワシが打ち上げられたので何か海に異変があったのか…

心配だなぁ。