オホーツク・アングラー釣行記

2017年10月 道北・稚内方面 サビキ釣り釣行 PART3

今日は稚内に用事があるので稚内市内の漁港で釣りをすることに…

何とか良いサイズのニシンを釣りたいので稚内港で実績のあるポイントへ。

釣り新聞の情報だと徐々に釣果が落ちているみたいだったけど、少しは釣れるのではないかと…

釣果が落ちてるとは言っても土曜日だしそれなりに釣り人がいると思ったら…

まさかのゼロでした。

もう終わったのかなぁと思いつつもせっかく来たのだから竿を出してみることに。

準備をして釣り始めたものの、寒さと強風のため妻は早々に車の中へ避難…

それでもめげずに投げ続けているとアタリが!

久々の良型ニシンです!

それを見た妻も再び参戦。

しかし後が続きません。

妻、再び車中へ避難。

群れが移動したのかもしれないと思い、少し移動して投げ続けているとアタリが!

再び良型ニシンが釣れました。

これを見て妻も三度目のチャレンジ(笑)。

その直後、今までにない強いアタリが!

なんと今度はダブルでした。

プチ時合いだったのか妻にも待望のアタリが!

妻もようやく1匹釣ることが出来ました。

しかしこの後アタリは止んでしまいました。

結局2人で5匹と貧果に終わりましたが、サイズが良かったので満足でした。

いったん納竿して稚内市内で用事を済ませた後、夕方からカジカを狙ってみることに。

まずは大岬漁港へ。

風は強いけど車を風除けにすれば何とかなりそうだったので準備をしていると突然吹雪が!

風は避けられても雪は避けられないのですぐに車の中に避難。

しばらく様子を見ていたけど収まりそうにないので風裏のポイントに移動することに。

西寄りの風だったので東浦漁港へ移動。

こちらはとても静かでした。

早速仕掛けをセットしてイカゴロをつけて投入。

ただ待っているのも退屈なのでソイ狙いでロックもやってみることに。

しかし足元を中心に探ってみたけど全く反応なし…

早々と見切りをつけてカジカ釣りに専念することにし、車中でカジカのアタリ待ち。

しかしいつまで経ってもアタリが無い…

結局小魚にイカゴロをつつかれただけで終了…

カジカ釣りは撃沈でした。

帰宅後、さっそくニシンを刺身に。

とても美味でした!

後日、残りのニシンで切り込みを作りました。

これもまた美味です。

次は身欠きニシンを作れるくらい釣りたいものです。