オホーツク・アングラー釣行記

2017年10月 道北・オホーツク方面 サビキ釣り釣行 PART2

今日は地元の漁港でサビキ釣りをやってみることに…

ここは毎年コンスタントに釣れるわけでは無いのですが、去年はそれなりに釣れました。

幸運なことに釣れ始めた直後に行くことが出来たので良い思いをした記憶があります。

数週間前に様子を見に来た時に小ニシンの群れがいたので期待して来てみたのですが…

あまり魚の気配がありません。

せっかく準備して来たのだからとりあえずやってみることに。

発電機や投光器といった重装備は所有してないので車のライトで海面を照らしつつ足元をキャップライトで照らすという地味な装備…

戦力不足は否めません(いつかきっと入手したいです)。

それでも仕掛けをセットして釣り始めると早くもアタリが!

チビソイでした…

チカがポツリポツリと釣れるので続けていると、たまに中サイズのニシンが混じります。

このサイズのニシンがポンポン釣れると楽しいのですが…

その後、妻が1匹だけ良いサイズのニシンを釣りましたが釣果が上向かないまま納竿することに。

後日、良いサイズのニシンを刺身にして食べました(写真撮り忘れました)。

脂がのっていて美味しかったです。

少量ですが残りのニシンは切り込みにして実家に送りました(父の好物なので)。

チカは我が家の定番、南蛮漬けに。

天ぷらだとそんなにたくさんは食べられないのですが、

南蛮漬けにするとさっぱりしているのでいくらでも食べられます。

野菜もたくさん取れるのでとってもヘルシー。

最高の副菜です。

もちろん酒の肴にも最高です。

次は良いサイズのニシンをたくさん釣りたい!