オホーツク・アングラー釣行記

2018年5月 道北・オホーツク方面 イトウ釣り PART1

自分にとって一番好きなイトウ釣りのシーズンがいよいよスタート。

Twitter等ではちらほらと釣果報告が…

徐々に今シーズンのイトウ釣りを開幕させているアングラーが増えてきている様子。

こうなるともう居ても立っても居られなくなり、早速妻と様子を見に行くことに。

仕事がひと段落した夕方、急いで釣りの準備をして車に乗り込んでいつものポイントへ。

 

まだシーズンインして日が浅いので釣り人はそれほど多く無く、好きな場所で投げられる状態。

1回目の調査としては理想的な状況。

釣果優先というよりまずは広い範囲を探ってみることに。

向かい風で少し投げづらかったけど全く釣りにならないような状況ではなかったので早速調査開始。

風に負けずに投げていると数投目でアタリが!

合わせを入れるとズッシリとした重みと共に

「グン!グン!」というイトウ独特の首振り…間違いなくイトウのアタリです。

今シーズン初なので普段以上に慎重に寄せてきて無事ランディング。

体長70センチのレギュラーサイズでした。

何ともあっさりと今シーズン初のイトウを釣ってしまいました(笑)。

まずは軽く様子見のつもりだったのでそれほど期待はしてなかったのですが

嬉しい誤算でした。

今度は少し移動して別の場所を探ってみることに。

ここでしばらく粘ってキャストしているとまたまたヒット!

今度はかわいい小鬼サイズ(47センチ)でした。

このサイズのイトウが釣れるということはとても良い兆候です。

このまま順調に育って増えてくれるといいのですが…

 

しばらくすると別の方向にキャストしていた妻にもイトウがヒット!

こちらも50センチ台のかわいいイトウでした。

しかも現地調達ルアーで釣るという(笑)。

1回目の調査で夫婦二人ともイトウを釣るという何とも出来すぎな釣果。

今年のイトウ釣りは幸先の良いスタートとなりました。